タダの学生がびびりながらする! カルト就活やめなはれデモ

2011年11月23日(勤労感謝の日)

プロフィール

「カルト就活やめなはれデモ」実行委員会

Author:「カルト就活やめなはれデモ」実行委員会
2011年11月23日勤労感謝の日、学生が中心となって京都で就職活動の在り方に異議を唱えるデモをしました。東京の学生とも連携し同日に行いました。実行委員会への連絡はsyukatudemo.kyoto@gmail.comまで。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お詫びとお知らせ

たいへんご無沙汰しております。
昨年11月23日に行われた「タダの学生がびびりながらする!カルト就活やめなはれデモ」代表の月太郎です。

まず、当ブログの記事の更新を宣言をしていたにもかかわらず、長期間にわたり怠ってきたことをお詫び申し上げます。
申し訳ありませんでした。

デモ企画やその他の就活問題に関する活動において、私は自分のキャパシティを超えたことを無鉄砲に続けてきたことで、心身ともに疲弊してしまいました。次第にこのブログを含む、就活・労働の問題に関わる一切の活動が辛くなり、後ろめたさを感じながら目や耳を塞いで逃避しました。本心では関わりたいという気持ちがあったために、もどかしさを募らせていましたが、だんだんと心身の調子が戻ってきたので、まずは当ブログの更新から始めることにいたしました。

前回の記事でも宣言していたとおり、デモ企画に関するレポートをアップしたいと思っています。
たくさんの人と関わったことですのでネットで公開できることは限られているのですが、こうした活動を「人脈・経験ゼロ」から始めたことや、警察への申請、PRにSNSを使うこと、活動する人間の匿名性について等々、記事としてまとめたいものがたくさんあり、現在執筆中です。
なお、匿名性に関して、私は今のようなハンドルネームを使うことに少々疑問を抱くようになりましたが、今までこの活動ではハンドルネームを使ってきたため、当ブログでは一貫したいと思います。
そして記事をアップする時期ですが、年末までは私事で忙しいため、年が明けてから始めていきたいと思っています。

今回、私が何も言わずに逃げ出したことで、今まで御厚意でお力添えくださった方やお世話になった方々に不義理を重ねてきました。
本当に申し訳ありません。
たいへん遅くなりましたが、自分たちの次に繋がり、そしてできれば今後就活デモのような活動をしたいと思っている人たちにとって参考になるようなものを、残していきたいと思っています。

そして、私の一年越しの「総括をしてブログを更新していきたい」という、あまりに時期遅れで拍子の抜けそうな呼びかけにも関わらず「一緒に考えていこう」と応えてくださったデモ関係者の方々に、心からお礼を申し上げたいと思います。
ひとりではとてもできない作業です。
ありがとうございました。
これからも、よろしくお願いいたします。

また、昨年の就活デモから、今日でちょうど一年となりますが、今年も東京ではデモが行われます。
詳細は以下のリンクからどうぞ。
ツイッター @d2012_shukatsu
就活デモ2012ホームページ http://www.d2012syukatsu.leosv.com/wp/
微力ながら応援しています。



月太郎
スポンサーサイト

今後の当ブログの運営につきまして

今回のデモの実行委員会は実行委員内で12月初旬に行った反省会をもって解散いたしました。しかしながら、今後も当ブログは以下3つの内容を更新していきたいと思います。

・”タダの学生”のデモ企画レポート
“タダの学生”がどうやって(ビビリながらでも)デモ企画をするに至ったのか。どのようにして協力者を集めたのか。実行までにどんな運営をしていたのか。警察への申請は。などなど、なるべく詳細にレポートしていきたいと思います。もし、今後デモ企画を考えている方(特に"タダの学生")の何かの参考になれば幸いです。

・寄稿文の掲載
今回のデモを企画するにあたって、カルト就活な経験談やそれに対するお考えなどをお寄せいただくことがありましたので了解を得次第、掲載させていただきます。

・活動の告知
今回企画に関わってくださった方の中で、これから就職活動(またはそれを切り口として見えてくる諸問題)に対する活動があれば、ご本人の了承を得て告知・宣伝させていただきます。労基法の勉強会や、ブログの執筆、それぞれアプローチの方法は違いますが、デモ終了後も”タダの学生”は少しずつ動き始めています。



文責:月太郎 (Twitter @tsukitarou)

【報告】ご協力、本当にありがとうございました

お久しぶりです。代表の月太郎です。
今回のデモに関することを改めてご報告させていただきます。年も明け、このような時期までブログ更新を停滞させてしまい、誠に申し訳ございません。

【デモ当日の様子について】
 当日の様子を一部報告します。
11月下旬の京都は暗く寒かったです。横断幕↓を
横断幕

集合場所で掲げて参加者の方の到着を待っていました。暗くて場所が見えにくいだろうと、横断幕を懐中電灯で照らして集合の目印にしていたら、ちらほらと参加者が到着されます。人数が揃った頃から、拡声器で参加者や実行委員が演説を始めました。
デモ行進に参加してくださった約25名のうち、ほとんどが20代くらいの方でした。現役学生、大学関係者の方、会社員の方、その他いろいろな方がいましたが、若い人が中心でした。
定刻になると「そろそろ行きましょうか」となんとなく並び、ゆったりと道路へと動き出します。歩行者が道路の真ん中を堂々と歩くという”非日常”に高揚感を覚えつつ、デモ行進ははんなりとスタートしました。私(月太郎)はというと、代表のくせに参加者の中で一番びびっており、緊張のあまり事前に考えておいた幾つかのシュプレヒコールをつるりと忘れ、最初は先頭付近をプラカードを持ちながらとぼとぼ歩いているだけでした。(これほどまでにヘタレなデモ企画者も他にいないでしょう。)参加者の方も積極的に拡声器を持ち、それぞれ就職活動への思いの丈を叫びます。
デモのコースは
.ルートjpg

このように、逆コの字型に回るというものでした。祝日ということもあり、ビジネス街の道筋に入るとひっそりとしています。予想していたことではありましたが、あまりの人通りの少なさに少し不安な気持ちをおぼえつつ、逆コの字の最終の角を曲がりました。
すると一転、四条通りに出ると、人・人・人の海。時刻は19時を回ったころで、買い物に来た人、これから帰宅する人、外食に出かける人などで沿道はごったがえしています。若い人や年配の人、親子連れもたくさんいます。デモ隊のテンションも一気に上がり、携帯でデモ隊の写真を撮る人、頭上に「?」を浮かべながらぽかんと見つめる人、そんな人々に向かって叫びました。親子連れに「10年後には就職活動することになるんですよ!」などと、沿道の人がたくさんいると言い回しにも幅が出てきます。
行進終了後、鴨川のほとりに降りて、私(月太郎)が自分の就職活動で思ったことや、デモ参加すらしたことのない”タダの学生”がデモ企画に至った動機などを拡声器で話していると、橋の上の人たちが「何だ何だ」と足を止めてこちらを見ます。話に熱が入ってくると、橋の上から中年くらいの男性が「おおい、頑張れよー!」とメガホンで声をかけてくれました。こんな大きな声でエールをもらったのは初めてのことで、非常に嬉しかったです。(しかしなぜあの通りすがりの男性がメガホンを携帯していたのか、未だに謎です。)

【連携した東京での「就活ぶっこわせデモ!!」について】
東京では、なんと約100人もの人々がデモに参加し(そのうちの多くは学生)、今でも大きな反響を呼んでいます。その後もデモの企画に中心的に関わった人々は動きを止めることなく、それぞれが考えを具体的なものへと変えていくために行動しています。
現在もメディア取材が殺到している模様でここでは紹介しきれませんので、彼らのブログ(http://hosyukakumei.blog.fc2.com/)をご覧ください。ちなみに、今日(2012/1/18)はニコニコ生放送にてデモ実行委員中心メンバーが岡田斗司夫さんとの対談があるようです。

【会計報告】
<収入>
カンパ 7,783
計 7,783
<支出>
横断幕、その他道具(布、ペンキ、ハケ等)2,452
チラシ印刷 450
拡声器 3,990
計 6,992

以上です。
カンパのご協力、本当にありがとうございました。

こうした報告がこのような時期になってしまったことを重ねてお詫び申し上げます。
ご協力くださった皆様、本当にありがとうございました。


文責:カルト就活やめなはれデモ代表 月太郎 (Twitter @tsukitarou)

無事終わりました

タダの学生がびびりながらする!
カルト就活やめなはれデモ



更新が遅くなって申し訳ありません。
無事終わりました。

参加者総数は、私が確認したところ、22~25名ほどでした。
逮捕者も出ず
その他トラブルもありませんでした。

ラストに通った四条通は仕事帰り、学校帰り、買い物帰りや外食に出かける人などで
あふれかえっており、何より若い人が多かったです。
そんな中で主張できたことは本当によかったと思います。

参加者の皆様。本当にご参加ありがとうございました。
沿道の皆様。見てくださってありがとうございました。
警察の方々。申請から当日の警備まで、お世話になりました。

また、参加者の方から任意でカンパをいただきました。ありがとうございます。
会計報告につきましては、実行委員会(反省会)で確認したうえで
ブログ上でご報告させていただきます。

参加者の方にデモの様子を写真でとっていただきました。
個人情報(顔バレ)などの問題のない写真については
ブログで掲載させていただこうと思います。


手短で申し訳ありません。
後日改めて、上記のような報告の記事をアップしていこうと思います。



カルト就活やめなはれデモ実行委員代表 月太郎

【連絡】いよいよ明日開催となりました

デモビラ!


【ビラの呼び掛け文】

いまの就活はカルトだ。
自己啓発セミナーなら怪しむのに、精神論ばかりの就活セミナーには行ってしまう。

就活生は不安だから。
新卒一括採用が主流でそのレールから外れたらもう後がないから。

でもこれっておかしくない?

これは、実は就活だけに留まらない、価値観と構造の問題だ。
就活が嫌だった人、内定のある人、ない人、就活してない人も一緒に声をあげよう。

散歩のついでで構いません。京都を一緒に歩きませんか。


-----------------------------------------------------------

【日時・コース】

11月23日(水・勤労感謝の日)

18時~19時15分頃解散

京都市役所前 17時30分集合 18時出発
→烏丸御池→四条烏丸→四条大橋 19時15分解散


小雨決行です。

-----------------------------------------------------------

【注意事項】

・警察には申請済みです。

・参加にあたって、事前連絡は不要です。

・参加費は不要です。デモ後にはカンパをお願いいたします。(もちろん任意です。プレッシャーかけたりしません)

・もし遅れて途中参加される場合は、デモ隊後方でビラをくばっている実行委員がおりますので、
その人に一声おかけください。

・車椅子で参加される方は、できれば事前に代表(月太郎)までご連絡ください。
→libfree021★gmail.com

・街中を行進しますので、必要な方はマスクで顔を隠すなど、プライバシーの自衛を各自お願いします。

・特に必要な持ち物はありませんが、18時の京都市は真っ暗です。
光りもの(懐中電灯、ペンライト、何かチカチカ光るもの)を、ぜひご持参ください。

・「カルト就活やめなはれ」「就活きもちわるい」など就活にたいするメッセージを書いたプラカードなどの持ち込みも歓迎します。ただし、「I love ジョニーデップ」とか、就活という切り口からは直接関係のないメッセージはご遠慮下さい。また、ご自身の所属している団体(「○○大学応援団」とか)の主張するプラカードやのぼりなどもご遠慮下さい。

・服装は自由です。ハデな服装大歓迎。マント?猫耳?どうぞつけてください。
ラフな私服でも構いません。また、「何か衣装っぽいものを着ていきたいけど、何がいいかわからない」という方には、スーツをおすすめします。実行委員の多くもスーツです。
また、23日は小雨が振る確立が高く、冷えこむかもしれませんので、防寒対策もしてきてください。

・路上でシューカツの不満を叫ぶなんてなかなかできないことです。ここぞとばかりに羽を伸ばして開放的に楽しんでください。


【沿道の方への注意事項】


・参加者は芸能人でも何でもない一般の方です、プライバシーを考慮し、写真撮影などはお控えください。

・デモの後ろのほうでビラを配ります


-----------------------------------------------------------

【主張】

主張の骨子は以下の5点です。就活でカルト信者化する大学生(図)併せてご覧ください。

・就職活動がカルト化している!
→精神論が中心の就活講座や、ナントカ内定塾などの怪しいセミナーなど
→不安な就活生はそれにすがってお金や時間を払ってしまう
→皆同じような服装、髪型、笑顔、さわやかさ、振る舞い、精神性が求められる
→おかしい、気持ち悪い

・就職活動の期間限定性(新卒一括採用)が厳しすぎる。もっと多様化を。
→時間、経済的、学業、心身の健康に大きな集中的負担

・不安につけこむような就活ビジネスは見直すべき

・中等教育までの教育期間でもっと将来設計を考える機会を

・この、おかしな就活問題は、国、社会全体の問題である
→就活は、現行の教育・雇用慣行・労働問題の歪みを象徴している
→就活を見直すことは、教育や雇用慣行を見直すことである
呑気に学生だけの問題として矮小化している場合ではない



前後の記事の案内

Copyright © タダの学生がびびりながらする! カルト就活やめなはれデモ All Rights Reserved.
バンド募集のキング コールマン ランタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。